女の子

セレブ層のための保育施設

保育料が高額なハイレベルの保育園があります。この手の保育園では、英語や算数などの早期教育が行われています。子供たちは、小学校入学前に英会話を話せるようになります。教育熱の高い家庭には人気ですが、専門の保育者の配置があるかどうかも十分注意するべきです。

婦人

校風が自由なところが多い

芸能人の子どもだけではなく、最近は一般人も多くの子どもがインターナショナルスクールを洗濯するようになってきています。校風が自由なところが多く、様々な人種が通っているので、視野を広げられるという利点があるからです。

外国人から学ぶのが一番

英語

ネイティブの発音を学ぶ

小学生のうちに英語を学ぶ一番のメリットは、自然に英語文化を学んで、ネイティブの発音もしっかり聞き取れるようになるのが早いという点です。幼いうちに学ぶことは、習得も早く、先入観や差別感情がないままで英語に触れ合えるため、恥ずかしさを気にすることなく英語の発音をどんどん身につけられます。小学生の低学年までに発音や発声、聞き取り力を学んでおけば一生生かせるスキルを身につけることができます。特に、英語を母国語にしている外国人から直接英語を学んだり、イングリッシュキャンプのようなイベントに参加するとさらに実用的なスキルが身につくため、小学生のうちからどんな環境でも良いので、英語が聞こえる環境にいると非常に魅力的です。日本人から学ぶ英会話にも一定の価値はありますが、発音や文化の違いを学ぶには、ネイティブから学ぶのが一番です。小学生のうちに身につけておくと良いのは、聞き取りの力と自然に発音する力です。日本語にはない母音の発音や巻き舌に近い発音をするような場合、その練習は脳の発達途中の小学生のうちに取り組んだほうが効率的です。恥ずかしさがないことも発声練習をしやすくするため、楽しみながら学べる教室があれば理想的な環境で英語を学べます。近年の小学生は、学校でも英会話に触れ合うことはありますが、基本的な会話だけで、先生が日本人ということも多いです。ネイティブの発音を身につけるには外国人から学び、同時に価値観や感覚も学びましょう。

保育士

ニーズを明確にしましょう

幼児教室へ通わせるメリットは利用者側のニーズによって異なります。私立の幼稚園や小学校に通わせたい場合には、合格率を上げるために受験専用の幼児教室の利用が一般的です。一方、習い事の一つとして利用する場合には、集団生活への慣らしや友達つくりなどが挙げられます。